ファンタジスタの姿勢


とある有名なサッカーコーチの方が薦められていた『ファンタジスタの肉体改造法』という本を読みました。

というのも、この本で述べられている”ファンタジスタの姿勢”というのが、当店で皆さまにご指導させて頂いている姿勢と似ている感じがしたから。厳密に言うと、肩に関してだけ若干肩甲骨を引いてニュートラルなポジションより後ろに持っていくようです。腰が多少反りますので骨盤は少し前傾します。

・・・ん!?ふとある人を思い出しました。

ボールは足下にありますので、視線は当然下がっています。

けど、肩甲骨が寄って(胸を張って)いますので、頭は下がりません。すなわち視野が極端に狭くなりません。これが”ファンタジスタの姿勢”です。

いかがですか?中田選手の数々の素晴らしいプレー、広い視野は、このような”ファンタジスタの姿勢”からも生まれていたのかもしれませんね。

僕も今までは、「顔上げろ!」と指導していましたが、これからは「肩甲骨を寄せろ!」って言ってみようかな?ま、それは冗談として、アップに肩甲骨周りのストレッチを今より多めに取り入れて、姿勢も意識させてみようと思います。チームみんながファンタジスタになったら最高やなー!

ありがとうございました!

スポーツマッサージ&ストレッチ ソフトバランス整体神戸