お客様の声 ~親子の距離感~


20150520

昨日、施術していただいた ○○です。

昨日は有り難うございました。
今朝、「体が楽チンや~♪」と、学校に行きました。

○○○○○は誘われてから始めたのですが、 嫌がらず に通い、知らない間に所属チームの選定選手に選ばれてしまい…もしかしたら 本人にとっては いい迷惑…? なのかもしれません…

他のメンバーに比べて、年数も浅く、筋力面でも 差があり、強化練習日は 必死のパッチ状態です。

親が出来る事は 食事と体のメンテナンス位しかありません

昨日の お話で 普段、どうすれば良いのか、また、筋肉の構造など よく解りました。 しばらく 家で頑張ってみようと思います♪

……が、 おそらく、私では充分な事は無理と、思われるので… 数ヶ月に一度、定期的にお願い出来ればと、考えて居ます。

長くなってしまい 申し訳ありません…

お客様から嬉しいメールを頂きました。

とっても素直でかわいい小学生。長年、スポーツをしている小学生をたくさん見てきましたが、この子は伸びますね。間違いない!伸びる子は必ず素直。そしてそれと同じくらい大切なのが、お母さんの距離感。

親が出来る事は 食事と体のメンテナンス位しかありません

伸びる子の親御さんは子供との距離感が抜群です。まだ高校生ながら、つい先日Jリーグデビューしたとある選手のお父さんも、彼が小学校4年生の時、同じ事をおっしゃっていました。

【高校サッカー・親】

応援席から応援し続ける距離感を親が保ち続ける。

それこそが親の一番の役目であり本当の愛情です。

ここの一線を引くことが分かれ道です。

「親」とは、木から立って見ると書く。

遠くから見守り続けなさいと言うことです。

親のみなさん。

大切な我が子をしっかり見続けるには一定の距離感が必要です。

太陽のように温かい眼差しでお子さんに関心を持ち続けていきましょう。

 

ご丁寧なメール、ありがとうございました!
これからも応援してます^^

スポーツマッサージ&ストレッチ ソフトバランス整体神戸