グロインペイン症候群


今日は懐かしいお客様にご来店頂きました。3年前の高校サッカー選手権予選。股関節の激しい痛みに耐え、病院に通い痛み止めを飲みながら、試合前日は朝当店での施術を受けてから登校していた選手がいました。

その年は残念ながら、全国への切符を手にすることができませんでしたが、大学に進学してからも体育会サッカー部でプレーを続けるとのことでした。



2008年11月10日の旧ブログ  『感動をありがとう!』

選手権予選決勝。科技高 vs. 滝二。本当にナイスゲームでした。

今回は、うちに施術に来てくれている子が出ているということで、高校サッカーを初めて観に行ったんですが、スタンドの雰囲気も、Jリーグとかとはまた違い、元気でいい感じでした。

選手達が出てくると・・・金曜の雨から急に寒くなりましたし、大丈夫か?ちゃんと動けてるかな?なんかちょっと動きがかばってんなぁ。もう彼の親御さんにでもなった気分でのドキドキの観戦でした。

いいプレーを連発していましたが、彼自身は本調子ではなかったかもしれません。でも、80分フルにプレー出来ていましたんで、最後は感動で泣きそうになりました。

結果は残念でしたが、まだまだ人生は長い。まずは大学入学までの期間、しっかり体をリカバリーして快調なスタートが切れるようゆっくり休んでほしいと思います。

ありがとう!両チーム。




選手権予選が終わった後、しっかりと休養を取り、柔軟性不足だった部位のストレッチ、姿勢にも気を付けていてくれたようで、体幹がかなり意識できるようになっていました。そんな甲斐もあり、大学に入ってからは、股関節の痛みは全く出なくなったとのこと、今日は、10日から開幕する関西学生サッカーリーグに向けてのケア。殿筋、膝に違和感があるということでのご来店でした。さーこれでバッチリ!がんばってな☆

ちなみに高校生時代彼を悩ませていた【グロインペイン症候群】とは、

サッカー選手の職業病ともいわれています。簡単に言えば、「骨盤関節周囲の過負荷による痛み」の総称。ボールを蹴る動作は、一方の足を軸に、骨盤を中心として他方の足を振り上げることが多いので、必然的に骨盤を繋ぐ部分(恥骨結合)に過度の負荷がかかることになります。


[日本シグマックス株式会社HPより]

基本的な治療法は、保存療法(場合によっては手術を行う場合もあります)となりますが、恥骨結合周囲(恥骨、坐骨)に付着する筋肉の調整(以下の*マークの筋肉)、骨盤や姿勢の調整、体幹のトレーニング等で改善を早めることは十分に可能です。

以下の22の筋肉は、すべて股関節をまたいでいます。

・腸腰筋
・内転筋群(*恥骨筋・*長、*短、*大内転筋・*薄筋)
・外転筋群(中、小殿筋・大腿筋膜張筋)
・大殿筋
・深層外旋六筋(梨状筋・上、下双子筋・*大腿方形筋・*外、内閉鎖筋)
・大腿直筋
・ハムストリングス

これらの筋肉の調整が、股関節周囲のトラブル改善には必要不可欠です。


[日本整形外科スポーツ医学会「スポーツ損傷シリーズ 11」より]

今日もありがとうございます!

スポーツマッサージ&ストレッチ ソフトバランス整体神戸