2014 KOBE六甲全山縦走大会(全縦大会)


以前、とあるお客様と話していて、富士山とフルマラソンは生きているうちに一度は経験しときたいよなーって話になった翌年、富士山には登りました。

もうひとつのマラソン。基本的に走ることは苦手で、どちらかと言うと嫌いなのでおそらく最初で最後になるであろうマラソンは、なんとしても地元神戸を走りたい・・・けど、抽選にはなかなか当たらず。それならばとりあえず当選確率が高い「KOBE六甲全山縦走大会(全縦大会)」にでも。これも昨年はまさかの落選。今年やっと参加することが出来ました。

結果13時間半もかかって、約45kmを完走する事が出来たのですが、もう少しこうすればよかった、ああすればよかった事が色々と。タイムを競う競技ならこれが次へのモチベーションになるわけですが、この大会はそういう趣旨ではないので、万が一自分が再度挑戦する?時の備忘録として、記録を残しておく事にしました。

rokko1
出発地点の須磨浦公園(5:15)

【とにかく早く並ぶ!】僕らは4:15頃並び始めましたがスタートは5:15。この15分がすごく大きい気がします。この15分のお陰で400階段手前、馬の背手前の岩場、菊水山の渋滞にしっかりはまりました。

【菊水山まではしっかり飛ばす!】菊水山までは多少無理してでも、出来るだけ早く到着したが結果楽な気がします。家から近い菊水山だけは何度も上っていますが、渋滞で通常の3倍くらい時間が掛かりゆっくりなのでムダに疲れる。
→妙法寺小学校(7:30) →菊水山(9:57)

【昼食は大龍寺にすればよかったかも?】なんとなく先にしんどいといわれている摩耶山を終わらせてから、昼食をと思っていたんですが、摩耶山の途中でハンガーノック状態に。ここで初めて心が折れそうになりました。(摩耶山の知識が全くなかった事も原因かとは思いますが)もし、次の機会があれば大龍寺で豚汁(300円)。屋根もあるし。(当日は雨が降ってとても寒かった)

【摩耶山 掬星台はあえてスルー?】13:00到着。ホットレモン頂いたり、応援の人がいたり、掬星台にはまったりとした空気感が。僕らも結果30分休みました。雨に打たれ、筋肉はすっかり冷え切っていますので、再出発した後、自然の家先の階段で不覚にも太もも前の筋肉がでつって立ち止まってしまいました。僕のほかにも結構な人が階段途中で足が止まっていました。天候がよければ問題ないかも知れませんが、今回のような悪天候だと休憩中筋温は一気に下がりますのでご注意を。ちなみにデータ的にもリタイヤ理由の第2位が足の痙攣です。1位は膝の痛み。(こうべのエスプリ)

【やっぱりイメトレは大事。地図くらい見ておけばよかった】菊水山までは出発してすぐですし、特に問題なし。高取山は意外にしんどい、丸山市街地の坂も短いけどまあしんどい。
個人的には旧極楽茶屋~東六甲分岐の舗装路が一番辛かったです。データ的には1位摩耶山、2位菊水山(こうべのエスプリ)ですが。摩耶山過ぎたら終わったも同然、みたいな的な話をトレイルランナーさん達から聞いていて、完璧になめてました。(よくよく考えるとそんな人たちと僕とはレベルが違いすぎるわけで、その話を真に受けてしまった自分のミスですね。)実はたった3km程なのに当日は、めちゃめちゃ長く感じました・・・歩く事に飽きてしまい再度心が折れそうに。また、この先宝塚までの下りは既に真っ暗でしたし、雨で路面は最悪。少しでも明るいうちに距離を稼ぐ事が出来ていたら、少しでも先のイメージが出来ていればと思いました。
→一軒茶屋(16:08) →宝塚ゴール(18:45)

rokko2
雨でぐちょぐちょになったチェックカード

rokko3
これがほしかった。

辛いし、全く面白くないのに、なんでか!?ちょっと楽しかった。本当にいい経験になりました。最後に同行してもらったK社長、ありがとうございました!もう二度とお願いしませんのでご安心を^^

縦走の後は、ナチュールスパ宝塚へ。完走証で割引あり、タオル、バスタオル付きはありがたい。ただ、水風呂がないのが非常に残念。このタイミングは交代浴なんですけどねー。 

ありがとうございました!

スポーツマッサージ&ストレッチ ソフトバランス整体神戸