HOME > サッカー関連

趣味のページ

(注) 内容はページ作成当時の競技規則に基づいたものです

警告 (競技者)

1:[遅] プレーの再開を遅らせる
2:[異] 言葉、または行動により異議を示す
3:[入] 主審の承認を得ずフィールドに入る、または復帰する
4:[去] 主審の承認を得ず意図的にフィールドから離れる 
5:[距] コーナーキック・フリーキック・スローインでプレーを再開するとき、規定の距離を守らない
6:[繰] 繰り返し競技規則に違反する
7:[反] 反スポーツ的行為を犯す
・直接FKとなる反則を無謀に行う
・相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、阻止するためにファウルを犯す、またはボールを手または腕で扱う(戦術的な目的)
・シミュレーション(再開:間接FK)
・(その試みが成功しようとしまいと)ボールを手または腕で扱って得点しようと試みる、あるいは、得点を阻止しようと試みて失敗する など
*[遅][異][入][反]は、交代要員、交代して退いた競技者も

退場(競技者、交代要員、交代して退いた競技者)

1:[阻止(手)] 意図的にボールを手または腕で扱い、相手チームの得点、あるいは決定的な得点の機会を阻止する(自分たちのペナルティーエリア内にいるゴールキーパーを除く)
2:[阻止(その他)] フリーキックで罰せられる反則で、ゴールに向かっている相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する(競技規則に規定される警告の場合を除く)
3:[不正] 著しく不正なプレーを犯す
相手競技者の安全を脅かすタックルまたは挑む事。また過剰な力や粗暴な行為を行うこと
4:[つば] 相手競技者、その他の者につばを吐く
5:[乱暴] 乱暴な行為を犯す
身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないとき相手競技者、味方競技者、チーム役員、審判員、観客またはその他のものに対して過剰な力や、粗暴な行為を行う、または行おうとする。加えて競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したことになる
6:[暴言] 攻撃的な、侮辱的な、あるいは下品な発言や身振りをする
7:[警告2] 同じ試合の中で二つ目の警告を受ける

審判報告書

(反) 相手競技者の腕を後方より露骨に引っ張り前進を妨げた
(反) 露骨にボールを手で扱い利益を得ようとした
(反) 戦術的な目的で相手競技者を倒し(引っ張り)大きなチャンスとなる攻撃の阻止をした

(ラ) 相手のドリブル突破に対して無謀にチャージし相手を倒した
(ラ) ボールをキープしている相手競技者に無謀に飛びかかり倒した

(異) 主審の判定に対して、ボールを地面にたたきつけて異議を示した
(異) 主審の判定に対して、「へたくそ」と異議を言った

(距) 相手のFK再開の直前に10ヤードの壁から飛び出しキックを妨害した

(遅) 相手のスローインのボールを相手に渡さず持ち去った
(遅) ゴールキックの際ボールを何度も置きなおし意図的に再開を遅らせた
(遅) 相手のFKによる再開をボールの前に立って遅らせた
(遅) 相手のFK(スローイン)の判定の後ボールを相手に渡さず再開を遅らせた
(遅)または、(異) 相手FK(スローイン)の判定の後ボールを蹴った(投げた)。

ハンドリングの考慮点

・手がボールの方向に動いたのか、ボールが手の方向に動いたのか
・競技者の手または腕は、自然な位置にあったのか。不自然な位置にあったのか
・ボールは近い距離から、あるいは遠い距離から手に当たったのか(近くても、体の幅から出て体の部分を広げたと解釈できるものはハンドリング)
・ボールのコースを予期しているか
・体の一部に当たってからののハンドリング(手または腕に当たったことによってプレーが補完されればハンドリング)

ホールディングでの警告の考慮点(大きなチャンスとなる攻撃を妨害するとは)

・戦術的な目的があるか
・ファウルを受けた競技者のプレーに明らかに影響を与えたか
・プレーのスピード、プレーの方向
・競技者がボールをコントロールできる可能性があるか
・プレーに関与している攻撃側(守備側)競技者の位置と数
・ファウルを受けた競技者のプレーの選択肢の多さ


 

アクセス・ご予約

〒652-0047 神戸市兵庫区下沢通7-1-15

神戸市営地下鉄上沢駅 東2番出口前 / 神戸高速鉄道大開駅 北へ徒歩3分 / JR神戸線兵庫駅 北へ徒歩10分

スポーツマッサージストレッチソフトバランス整体神戸電話番号 090-5014-6371
(平日9:00~20:00 土曜日~17:00)

 

→ メールフォームで予約 (24時間365日)
ご返信は営業時間のみとなります


 

ページトップに戻る